国際物理オリンピック日本大会は2023年へ順延に

 国際物理オリンピック日本大会は2023年へ順延に

 

国際物理オリンピック2023日本大会の開催について

このたびの新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により、国際物理オリンピック(IPhO)本部は、2020年以降の大会を1年ずつシフトする方向で調整を行い、その結果、53回日本大会の開催は、2022年から2023に順延となりました。

このため、法人及び組織委員会の名称も国際物理オリンピック2023IPhO2023)に変更しました。日本大会の成功に向けて、引き続き、各界からの力強いご支援をお願い申し上げます。

【ご支援欄】
IPhO2023日本大会は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)からの「次世代人材育成事業」の「国際科学技術コンテスト支援」並びに公益社団法人応用物理学会からの「応用物理学学術・教育奨励基金」によるご支援を頂いています。
IPhO 2023日本大会にご理解とご支援を頂いている団体・個人の方は、次のとおりです。
<寄付順・敬称略> 2021年11月1日 現在

【団体正会員】

【団体(法人) 寄付】

【個人正会員】

【個人 寄付】

PAGE TOP