東京外国語大学がIPhO2023の共催団体に

2020年4月

IPhO2023日本大会には、約90の国と地域から450人に及ぶ物理分野で極めて優れた高校生が訪日し、理論と実験の難問に挑戦するとともに、将来、世界で活躍が期待される高校生に、日本の様々な文化・社会に触れて貰い、我が国の良き理解者となって貰いたいと思います。そこで、異文化間の相互理解に寄与し、日本と世界を結ぶ人材、地球的課題に取り組む人材養成を目指している東京外国語大学と、世界と日本を結ぶ架け橋としての使命のもと、国際的相互理解と文化交流の進展に貢献することを目指している国際基督教大学(ICU)が共催団体となり、両大学の学生に、IPhO2023日本(東京)大会に参加する450人の高校生の見学や文化体験の企画立案等のサポートをして貰うことにしています。

東京外国語大学(理念と構想)

東京外国語大学は、1873 年に建学された東京外国語学校の使命を引き継ぎ、外国の言語とそれを基底とする文化一般を研究・教授し、言語を通して外国に関する理解を深めることを目的として、日本と世界諸地域を結ぶ人材を養成してきました。
やがて建学 150 周年を迎えるにあたり、世界諸地域の言語・文化・社会に関する高等教育の中心として、また、学際的研究拠点としての役割をさらに明確にします。すなわち、広い視野と優れた言語運用能力、世界の諸地域に関する深い知識を備え、異文化間の相互理解に寄与し、日本と世界を結ぶ人材、地球的課題に取り組むことのできる人材の養成を目指すとともに、世界の最先端の水準をもつ研究成果を発信していきます。

PAGE TOP